子供の教育はいつから始めると良い? 今からプラン

生きてるだけでオッケーなんだ

伝統の遊びから

日本独特の遊び方も、子供に教えてあげると、喜びます。
創造する遊びは、折り紙などです。
鶴は定番ですが、他にも、いろいろあります。
ネット検索すると、新しい変わった折り方もあって、大人もはまりそうです。
色とりどりの折り紙から、子供の巧緻性(こうちせい)の成長に効果的で、指先を使うことで脳トレになります。
巧緻性とは、器用に指先を動かす能力のことですが、トレーニングすることで運動神経の発達に役に立ちます。
平面の紙を折った面を使って、立体的にする創造性が、数学にも応用されます。
最初は簡単なものを折って、見本を作ります。
作り方と完成した折り紙を子供に見せて、興味が湧くように、飾っておくのもイメージが出来て役立ちます。

お祭りや縁日でも

百人一首の絵合わせや、家族でするゲームは、脳トレに役立ちます。
家族の表情や様子も、子供は汲み取っています。
一緒に楽しんで、安心感もあるでしょう。
手遊びの、綾取りや影絵も、不思議な世界です。
早口言葉や、しりとりも、ちょっとした遊びです。
お花を摘んだり、家庭菜園の野菜を収穫したり、昆虫採取したり、魚釣りをしたり。
海水浴、花火を見たり、家で花火をして遊んだりすることも、経験です。
雪の季節の雪遊びは、雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり、スキーやスケートに行ってみたり、楽しみ方も様々です。
将棋の駒を使って、将棋崩しや、お金将棋、はさみ将棋、回り将棋、かさね将棋、将棋倒しなどの遊び方もあります。
地域によって呼び方が違いますが、アイデアで工夫して楽しめて、面白いです。