子供の教育はいつから始めると良い? 今からプラン

可能性は無限

先回りしない

先回りしてガミガミ言われると、大人でも、逃げたくなります。
子供でも経験をするたびに知識が増え、考えることが容易になるので、少し猶予を与えることです。
いいことは、いっぱい褒めてあげましょう。
悪いところは指摘するのではなく正しいやり方を教えてあげることが大切です。
子供の真っ白なキャンバスに、良い言葉を与えてあげたいですよね。
親の人格とは切り離して、子供に寄り添って接することです。
子供を締め付けてしまわなくて済みます。
親の話し言葉を、そのまま、子供も同じ言葉遣いをします。
親が家庭で使わない言葉を、子供が発すれば、どこで覚えて来たのかと思います。
友達から、悪い言葉を、沢山覚えてきます。
方言も、お父さんと同じにはなりません。
家と公共の場と、使い分けが判断出来るようになると、語彙がかなり増えています。

身近な本屋さん

大型スーパーなどで買い物のついでに大きな本屋さんに行くと、コーナーが分かれていて過ごしやすいです。
雑誌の購入先は、大型書店やコンビニ、オンラインなどが多いそうです。
本屋さんに行ってみると、見渡しただけで多くの情報を吸収出来て整理されるので、イメージを捉えられて、子供にも良い経験になります。
カラフルで可愛らしい絵柄の絵本が並び、興味津々です。
装丁を見て、手に取って選べるのは嬉しいことです。
書店の平積みの多数の本の中から、新書や話題性のある書籍を知る機会にもなり、情報収集にもなります。
育児の悩みや教育に役立つ本にも、出会えるかもしれません。
本屋さんでのマナーが身につく年齢になれば、子供が本を選ぶ時間を与えてあげると、本を読みながら好きな本を探す、宝物探しのようで、成長に役立ちます。